水のトラブルの原因を探す

水のトラブルは、まず原因を探すのが肝心となります。原因が分からないと適切な対応をしたいと思ってもできません。大きなポイントになるのは、水のトラブルが起こりやすい場所から原因があるかを考えることです。原因が分かれば、自分で対応することも可能となるでしょう。

■5つの場所に注目

水のトラブルの原因を探すにあたっては、トイレ、お風呂、キッチン、洗濯機、洗面台の5つの場所に注目しましょう。水を使用する場所や水が通っている場所がたくさんある中で、特に使用頻度が多いのが理由になります。そして、止水栓を使って原因箇所の特定をしていくのがおすすめです。止水栓を閉めてパイロットが止まった場合、その閉めた止水栓の先が水のトラブルの原因箇所であるのは判明します。すべて対応してもパイロットがとまらない場合は自分で原因を探すのは困難であるため、水道工事業者に依頼しましょう。

■自分で対応するのはおすすめできない理由

水のトラブルの原因が判明し、自分で対応することもできます。しかし、水のトラブルが発生している場所や原因によっては自分で対応することがおすすめできない場合もあります。これは交換するだけの作業でも失敗や破損してしまうことも少なくないためです。かえって被害が拡大してしまう恐れがあります。だからこそ、リスクを回避するために水道工事業者に依頼しましょう。

■まとめ
水のトラブルの原因を探すことは可能であるものの、その後の対応を自分で行うのはおすすめできません。やはり確実であるのは水道工事業者に依頼することであり、水道工事業者でないと対応できない場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ