蛇口 交換と水のトラブルとは

水道の蛇口 交換は自分で対応できる場合もありますが、専門的な知識を持った業者に対応してもらうことがおすすめです。水道蛇口からの水漏れ、水道の蛇口が固い、ハンドルがぐらつくなどの症状が表面化した場合は、蛇口 交換が必要と覚えておいた方がよいでしょう。そして、どういった対応が必要であるかも把握しておくべきです。

■パッキンの交換で対応可能

水道蛇口の基本機能は開水と止水です。この役割を担っているのがパッキンであり、パッキンの交換で水のトラブルを解決できる場合もあります。しかし、パッキンを交換するにあたってはどの種類を選択するかも重要です。また、経年劣化してしまった場合は蛇口 交換してしまった方がよい場合もあります。蛇口 交換した方が費用は高くなってしまうものの、将来的に考えると決断すべきタイミングかもしれません。この点は水道工事業者に依頼して話を聞いた方がよいでしょう。

■水道蛇口の種類について

水道蛇口には5つの種類があります。単水栓、混合水栓、ワンホール混合水栓、ツーホール混合水栓のキッチンと洗面台という内訳です。自分で水道蛇口を交換することは可能であるものの、モンキーレンチやシールテープや歯ブラシなどの用意するものも少なくありません。総合的に考えると水道工事業者に依頼した方がよいと思う人も多いはずです。


■まとめ
蛇口 交換が必要であるかの判断を自分だけで行うのはおすすめできません。水のトラブルの根本的な解決にはならない可能性もあるため、やはり水道工事業者に依頼しての対応がおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ